2012年04月21日

有名ブランドヒストリー【6】カルバンクライン


カルバンクラインは1942年にニューヨークブロンクスに生まれ、1962年ニューヨーク州立ファッション工科大学を卒業、セブンス.アベニューのコート・スーツ専門店で見習として働くかたわら、夜間と週末を自分自身のデザインの仕事に充てていた。1968年親友のバリー・シュワルツとCalvin Klein社設立。コート事業からカジュアルウエア事業へ進出し、さらに、メガネ、フレグランス、メンズコレクション、アクセサリーなど事業を広げた。
1992年にはセカンドライン「ck Calvin Klein」創設。2002年Calvin Klein社を4億3000万ドル(約520億円)でアメリカのアパレル会社フィリップス・バン・ヒューゼン(PVH)に売却し、PVH傘下に入った。クラインは2003年デザイナーを引退し、後任デザイナーに、レディースはグッチからフランシスコ・コスタ、メンズはロメオ・ジリのイタリ・ズッケーリが就任。
posted by brand king at 19:11| Comment(0) | ブランドヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有名ブランドヒストリー【5】ダンヒル

ダンヒルは、1880年代アルフレッド ダンヒルが、馬具専門卸売業をしていた父親の会社で働きはじめ、 1893年に自分の名で会社を設立したのが起源。その後、衣類や小物などの製造業にも乗り出すなどして事業を拡大し、20世紀に入って自動車が普及してからは、自動車の旅行用品も多く売り出しました。アルフレッドは、自身をオートモービリスト・テーラーと称し、第1号店をロンドンのイースタンロードに、第2号店を、当時もっともファッショナブルなエリアと注目されていたメイフェアーロンドンのコンダートストリートにオープンさせた。DUNHILLブランドのバッグ、時計や衣料品などの様々多岐にわたるジャンルの製品を製作している。女性向けアイテムも製作していますが、基本的には男性向けアイテムを主に展開。流行に流されない渋い男が持つブランド常に多くの年代の方に支持されている。
posted by brand king at 18:56| Comment(0) | ブランドヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有名ブランドヒストリー【4】ディーゼル

ディーゼルはレンツォ・ロッソがオーナーを務める、ロッソは1955年イタリアのパドヴァで誕生。産業織物製造学校で教育を受け、1975年に学校を卒業後、自分の服を作り始める。1978年、地元の幾つかの製造業者からなる団体に加わり「ジニアスグループ」を形成。ジニアスグループの14ブランドのうちの一つとして「ディーゼル」が誕生。この名称は、二人(レンツォ・ロッソ、アドリアノ・ゴールドシュミッド)によりつけられた。由来は、「世界中どこでも同じ製法で作られ、又、同じスペリングで表される言葉」だから。
1978年の会社設立以来、ディーゼルはデニムとカジュアルファッションの分野をリードし続け、それまでのラグジュアリーマーケットとも、カジュアルマーケットとも異なる、「プレミアム・カジュアル・ウェア」というカテゴリーを築きあげた。同時に「ライフスタイル・ブランド」として、日々ディーゼルの世界観を味わえる商品を幅広く展開し、今ではホームコレクションを発表するなど多方面で活発に取組んでいる。
ディーゼルはオンリー・ザ・ブレイブ社の傘下にあり、ディーゼルの関連会社には「55DSL」、「スタッフインターナショナル(Maison Martin Margiela、Dsquared2、Victor & Rolf、Vivienne Westwood、Marc Jacobsメンズコレクションなどの製造・販売を手がける会社)」、「Neuf(Maison Martin MargielaとVictor & Rolfの運営会社)」がある。
ディーゼルはイタリア北東部のブレガンツェに位置する本社を拠点に、ヨーロッパ、アジア、アメリカに20の子会社を運営し、世界中で5000人の従業員を擁する。現在80カ国以上に約5千ヶ所の販売拠点を有し、約500ものディーゼルストアを展開。



posted by brand king at 18:49| Comment(0) | ブランドヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。